デジタルサイネージに起こる問題とその解決策~ビズライト・テクノロジーのアプローチ(後編)

株式会社ビズライト・テクノロジーでは、Raspberry Piを搭載したIoTゲートウェイ「BHシリーズ」を用いたデジタルサイネージを提供しています。デジタルサイネージはさまざまな場所で使用されるようになり、目にする機会も多くなりました。コンテンツを簡単に入れ替えられ、動きのある新たな表現方法で人目を引くなど、従来の看板やポスターにはない利点や効果を多く備えています。

しかし、実際の設置にあたっては何らかの問題が発生する場合があります。また、設置した後も、設置前には予想していなかった問題が発生し、運用がうまくいかなくなる場合もあります。後編では、デジタルサイネージの利便性を高める導入時の施策について、株式会社ビズライト・テクノロジー企画戦略部 三島康弘氏にお聞きします。

お客様の車を誘導するサイネージシステムのコストダウン

大型の商業施設では、施設内だけでなく、隣接する敷地にも駐車場を備えていることがあります。施設内の駐車場が混雑している場合は、空いている駐車場へお客様の車を誘導しなければなりません。道順を間違えることなく的確な駐車場に案内できなければ、施設周辺の道路に車があふれて混乱を起こす可能性があります。また、施設周辺の道路は一般道であるため、施設を利用しない車ですでに混雑している場合も考えられます。

このような状況を的確に把握し、最適な誘導を行うには、駐車場内をはじめ、施設周辺の道路にくまなく警備員を配置し、無線で連絡をとりあい連携して車を誘導するという方法が以前は行われていました。しかし、これでは多くの人員が必要になりコストがかかるという問題があります。現在は、監視カメラを用いて管理室で集中的に管理することが可能になりました。駐車場の混雑状況は、入り口料金ゲートを通過した数や駐車場内のカメラで確認でき、周辺道路の混雑状況もカメラや一般の交通情報からも把握できます。駐車場の空き状況や、どのルートを通って別の駐車場に行くのかなどは、各所に設置されたデジタルサイネージに表示することでお客様に伝えられます。このような利点から、駐車場の利用状況や、道案内を含めた道路情報サイネージは、多くの商業施設で使用されるようになっています。

しかし、ここで問題があります。駐車場の混雑状況のデータと画像から解析した周辺道路の混雑状況を考慮して、AIが最適なルートを計算し、各所のデジタルサイネージに自動的に表示していくのですが、この場合、人の手をあまり介さず運用コストを抑えた道路情報サイネージを作ることになります。このシステムを導入するときに相応のコストがかかり、現時点ではどこの施設でもこのようなシステムを導入できるわけではありません。多くの施設では、管理室に常駐する人間が、目視で状況を確認し、手動で表示を切り替えているのが現状です。

直感的な操作性の専用端末を用意する

このような現状に対し、株式会社ビズライト・テクノロジーでは、デジタルサイネージの表示を直感的に切り替えることができる専用の端末を用意することで問題を解決しています。前編でも事例として紹介した千葉県柏市の商業施設「セブンパークアリオ柏」で導入され、交通誘導に役立てられています。

IMG_2210_R.jpg

三島氏は「警備員が、直感的な操作でデジタルサイネージを切り替えることができる専用の端末を用意することで利便性を高めます。この端末がPCだと、そのPCを操作するスキルのある者を担当者にしなければならないのでコストアップになってしまいます。専用端末であれば、特にPCの操作に慣れている必要はありませんので、コストアップにならないのがポイントです。そして、専用端末化するにあたっての課題としては、タブレットや汎用機を設置するとさまざまな利用制限をかけなければいけませんし、アカウント設定も必要になります。タブレットであれば、種類・充電はどうするのかという問題もあります。そこで、専用端末化してコンセントにつないでおくだけで機能させることで、そういった手間が一切なくなりました」と語ります。

駐車場の空き状況の表示に特化したシステムは、その操作のみができる専用端末で操作するのが通常です。こういった技術は以前からあり、長く使われています。その点、デジタルサイネージはさまざまなコンテンツが表示できて、ネットワークにも接続することが可能な反面、そのコンテンツの切り替えはWeb上で操作することになるので、PCに慣れていない人には操作のハードルが上がってしまいます。そこで、デジタルサイネージを操作する専用端末を用意することで、直感的な操作を可能とし、誰でも簡単に扱うことができるようになりました。また、ひとつの機能に特化したシステムのものと異なり、後から新たな機能を追加する要望が出た場合は柔軟に対応できます。例えば、空いている駐車場への道案内とともに、近隣道路の交通情報を表示したり、緊急地震速報のような公共性、即時性の高い情報を自動的に表示したりもできます。直感的な操作性を持たせるだけでなく、汎用性も維持できるのです。

ハードもソフトも幅広く対応できる技術力

株式会社ビズライト・テクノロジーは、以前からあるクローズなハードウェア、ソフトウェアの技術も、IP、Web、Raspberry Piなどオープンなハードウェア、ソフトウェアの技術も提供が可能です。ビズライトはデジタルサイネージにひと手間加えることによってお客様のやりたいことを実現します。専用機ではできないことも、デジタルサイネージならば可能です。デジタルサイネージを導入しただけでは解決できない問題や課題を、お客様とともにビズライトの技術で解決していきます。お気軽にご相談ください。

語り手

代表アイコン
株式会社ビズライト・テクノロジー
代表取締役社長 田中 博見
1962年北海道旭川市出身。
大手家電メーカー系の工場でファクトリーオートメーション分野に従事したのち、コンピュータ業界へ。 8ビットから16ビットマイコン時代、ハードウェア設計からファームウェア開発までを経験。 その後はLINUXをベースとしたWEBソリューションに注力すると同時に、IPOを経験すると、 ECサイトの売上向上のためのビッグデータ解析や、BPRなど経営コンサルタント的な活動が増えている。 現在もっとも興味があるのはフィジカルコンピューティング。
記事の内容に関する質問、お問い合わせはこちらへ!

著者情報

著者アイコン
馬場 吉成
webライター。光ファイバー、半導体関連の装置の機械設計や
特許技術者の経験があり、ネットで各種技術を紹介する記事を
多数執筆。他にも日本酒、料理、マラソンなど幅広い分野で
多数の記事を企画、執筆しています。
ライターページ http://by-w.info/

関連記事